昨年の漢字

f:id:satoyamanekokun:20220102095516j:plain


  昨年の漢字は「金」ということです。これは東京オリンピックで獲得した「金メダル」の「金」ということでしょうか。もしそういう意味だとしたら、冗談でも喜べない気がします。

 無観客で開催されたオリンピックがですが、案の定、新型コロナウイルスの感染者数は日に日に増加したのは事実です。開催前に、菅前総理が「俺は賭けに出た。」といったけれど、一体どういう賭けだったのでしょうか。

 新型コロナウイルスに感染して、志村けんさんも亡くなられた。岡江久美子さんも亡くなられた。何年か後には総理大臣になっていたかもしれない、羽田雄一郎国会議員も亡くなられた。

f:id:satoyamanekokun:20220102092539j:plain                                         f:id:satoyamanekokun:20220102092329j:plain

 自分が感染してしまうかもしれないという不安も抱えながら、真剣に感染者と向き合って働く医療従事者の皆さんは、大変な過労を強いられていたことと思います。
 
 最初のうちは人出も勿論少なかったのでしょうが、大会が進むにつれてメダルの獲得数も増えると、街に人が出るようになって路上飲みも目立つようになりました。
 そして、大会関係者に選手からも感染者が出たにも関わらず、淡々と競技は進められました。

 「復興五輪」という名目で、一部の権力者だけで半ば強引に開催されたオリンピックでしたが、果たしてどれほどの支援が東日本大震災の被災地に届いたのでしょうか。

 新型コロナウイルスの感染者数が増加して、当然重症化して亡くなられた方も毎日いた訳です。自分達だっていつ感染して重症化してしまうかわからないという不安の中で生活していたので、オリンピック競技をテレビで見るのも嫌になりました。

 「金メダル」と「人の命」どちらが大切でしょうか?国民の命を犠牲にしても戦争に突き進んでいった時代に似てきてはいないだろうか?「平和の祭典」とはほど遠い「東京オリンピック」だったような気がします。