死ぬまで山歩き(7)

7月16日(金)関東甲信地方でも梅雨明けしました。去年より約2週間早く梅雨明けとなりました。 梅雨明け後の1週間は夏山シーズンでは最高のコンディションです。太平洋高気圧の勢力が強くて、上空に寒気が入ることもなく夕立の心配もありません。案の定…

お酒の話(8)

東京都はまたもや新型コロナウイルスの感染者数が連日500人を超えています。そして更に感染力が2倍近いとも言われている「デルタ株」による感染者も急増している状況です。「緊急事態宣言」が解除されたからと言っても、外食産業は厳しい経営状況を強い…

死ぬまで山歩き(6)

先日、おかしな姿勢で重いものを持ち上げて、久しぶりに腰を痛くしてしまいました。そういえば最近、明らかに運動不足です。(後日、畑仕事をしてもっと腰を痛めて、月曜日会社を休むことになるとは全く予想もしていませんでした)昨日は雨降りで畑には入れ…

お酒の話(7)「関東大震災とキンミヤ焼酎」

以前、この辺りで焼酎というと圧倒的に「宝焼酎」だったと思います。今は「甲類」のほかにいわゆる「本格焼酎」と言われる「乙類」もたくさんありますので、よりどりみどりですが以前は「本格焼酎」はそんなに見かけなかったように思います。 小諸駅前の行き…

美味しい和菓子屋さん

今日は地元の「桔梗屋」さんの和菓子を紹介したいと思います。この時期は美味しい和菓子の種類も多い季節なので、是非お茶のおともにいただいてみましょう。 やはり順番からいったら「桜餅」でしょうか、美味しい「こしあん」がたっぷり入ったできたての「桜…

暇さえあれば虫探し(9)「訪問者」

せっかくゴールデンウイークに入った途端に雨降りです。恐ろしい感染症も収まる気配もありません。「緊急事態宣言」といっても飲食店に負担を負わせているだけで気の毒です。そして毎日増加していく感染者数を考えるととてもオリンピックどころではない気が…

桜の季節です

子供たちを送り出してから一週間、初夏のように暖かい日もあれば朝はまだ真冬のように冷え込む日もあります。それでも春は駆け足でやってきて、自分が記憶にあるうちでは最も早く桜が開花しました。 4月10日に撮った佐久南インター近くにある「宝生寺山」…

旅立ちの季節です

4月3日(土)春休みの終わった息子を荷物と一緒に長野に送っていきました。2年生になって寮の部屋が変わるので、大方の荷物を家に持って帰っていたためです。上信越自動車道のサービスエリアによると大型のワンボックス車に同じような荷物を積んだ車を見…

給食の思い出(1)「肉の嫌いな話」

先日、ダイソーで娘の好きな「ゼリービンズ」をみつけました。この日は別のものを買いにいったのですが、「レジ待ち通り」は長い列になっていてふと視界に飛び込んできたので、空かさず2袋買って帰りました。 「春分の日」家族3人は娘の寮で使うものなどを…

夏から秋に

夏、朝は暗いうちから畑に・・・。明るくなると見事な朝焼けになる日も珍しくありません。しばし収穫も忘れて見入ってしまいます。 佐久交通安全協会 青年部に所属していたころ、岸野支部の旅行で昼神温泉に行った時、泊めていただいた「かんぽの宿」の朝市…

お酒の話(6)

長野県は、佐久市の新型コロナウイルス感染警戒レベルを5に引き上げ、特別警報Ⅱとしました。朝、防災無線で放送があって、Facebookでも連絡がありました。 1月13日(水)「緊急事態宣言」の対象が1都3県から11都府県に発令されましたが、既に小出しで…

お酒の話(5)

皆さん新年、明けましておめでとうございます。もっと天気が荒れる年末年始だと覚悟していたのですが、こちら東信地区は冬型の気圧配置になるとひたすら寒いですが、雪は少なく思っていてよりは穏やかな正月です。しかし、県の北部や日本海側は年末から大雪…

死ぬまで山歩き(5)

11月せっかくの三連休なのですが、案の定GoToキャンペーンの影響で新型コロナウイルスの感染者が急増してしまいました。そもそも泊りで旅行に出かける余裕もなければ、人の多い観光地に行くのも怖いので、せめて一日くらいは山歩きでもしたいと思いました。 …

死ぬまで山歩き(4)

前回の山行は、天気は決して良くなかったのですが、とにかく久しぶりなので何とも楽しい一日でした。そして、はるか前から千曲川・信濃川源流地標の上の、甲武信岳と反対の稜線の先の峰々に行ってみたいと思いました。 毎回一緒に登ってもらっている友達と約…

お酒の話(4)

ついこの間まで、「暑い、暑い。」と言っていたような気がしますが、高い山は冷たい雨が止むと、すっかり白くなっていました。平地でもいつの間にか秋も深まってしまいました。この時期は美味しいものに、美味しいお酒をいただきたくなってしまいます。酒税…

死ぬまで山歩き(3)

今年は春先から登山道も釣り場も、いたるところが閉鎖されてしまいました。登れるようになったからと言って、登山者が渋滞するような山にも行きたくはないし、いつも一緒に同行してもらっている会社の友達と連絡をとりました。 9月の4日連休の2日目、道の…

暇さえあれば虫探し(8)

今年はすっかり運動不足です。この日は高原のチョウたちに行き会いたくて、浅間山麓の「池の平湿原」に出かけてみました。 東御市側から林道を行くと、朝のしっとりした空気の中でヤナギランもまだ咲いていました。スキー場を過ぎたあたりでいました。いまし…

化石の魅力

いつも読んでいただいている皆さん大変ありがとうございます。虫の話だったり、お酒の話だったり、なんと纏まりのないブログですいません。 中学の頃、地学クラブに入部していました。放課後、近間にみんなで化石採取に行ったり、夏休みもみんなで顧問の先生…

夜、車を止める美女

今週のお題「怖い話」 「上州村のことじゃった・・・・。」は、あるCMになってしまいますが、群馬県下 仁田町のお話です。 今から35年ほども前のことになると思います。自分が22年務めた前の会社の高崎の工場に、一年間教育で行っていたころ聞いたお話で…

暇さえあれば虫探し(7)

しゃがみ込んで草むらにスマホやデジカメを向けていたり、雑木の幹をジッと睨み付けていたり、花に止まっている虫を見てニヤニヤしているオッサンがいたら、けして変質者ではないのでそっとしておいやって下さい。変質者ではありませんが、少し変わっている…

お酒の話(3)

関東甲信地方も昨日梅雨入りしました。毎年楽しみにしている山菜の時期もあっという間に過ぎてしまいました。下の子も一生懸命勉強してやっと入学と同時に入寮して行ったのですが、1週間でまたもや休校になってしまいました。高校入試前の政府の発表した突然…

お酒の話(2)

季節は駆け足で進んでいるのですが、何とも恐ろしい新型コロナウイルスが世界中を脅かしています。 こんな事がなければとてもいい季節なのですが、外出もままならないので仕方がないですね。 4月12日の信濃毎日新聞の「斜面」に、5年前国際宇宙ステーション…

コンサートにて

去る1月26日の日曜日は「まつもと市民芸術館」まで、待ちに待った「スリーハンサムズ」のコンサートに行きました。 「信濃毎日新聞」より 1972年に結成した「NSP」の中村さんと平賀さんに「ふきのとう」の細坪さんが加わって「スリーハンサムズ」を結成した…

孤児たちのその後

近頃は12月に入っても暖かい日には、陽だまりでトンボの姿を見つけることができます。寒くなったのによく頑張って生きてきたなあと、褒めてやらずにはいられない気持ちになります。7月にJA佐久浅間の佐久南部営農センターにいたあの子猫は、その後こちらの職…

お酒の話(1)

「幾山河 超えさり行ば 寂しさの 終なむ国ぞ 今日も旅ゆく」1907年若山牧水が、岡山から広島に向かう途中で作った詩です。 この詩を口にすると自分は、前方が開けた晩秋の峠道が目に浮かびます。 若山牧水は、自然と旅とお酒を愛した詩人で有名ですが、佐久…

暇さえあれば虫探し(6)

10月5日と10月6日を境に真夏のような暑さから、すっかり秋の空気に入れ変わってしまいました。今週末は、台風19号が最も日本列島に接近するということです。今年も各地で災害が相次いでいますから、できるだけ被害がないことを祈る思いです。撮った画像をな…

散策の秋

今週のお題「○○の秋」 豪雨による、佐賀県の被災地の皆さん、また台風15号による被災地の皆さん、まだまだ大変なことと思いますが、謹んでお見舞い申し上げます。春と秋は、本当に気持ちの良い季節ですね。今年は10月になっても、昼間はまだミンミンゼミの声…

死ぬまで山歩き(2)

9月に入り、農作業も一段落したので、今度の休日は山に行こうと思いつつ、フェイスブックでキノコを採った方からのメッセージをいただいたり、家の周りの草が気になったりで前日まで迷っていたのですが、明日土曜日は天気もよさそうです。日帰りだし、大方の…

高岡まち歩きメモ

会社がお盆休みに入って早々、富山大学のオープンキャンパスに娘を連れて行きました。さすがに富山県は遠く感じます。 とはいっても佐久南ICから小杉ICまで、自動車道で繋がっているので便利な世の中ですね。標高が低いので暑いのは仕方ないですが、のどかで…

かわいい孤児たち

7月7日の朝のことです。 場所は、JA佐久浅間 南部営農センターの集荷場での出来事です。時間は6時を少し回った頃でした。 いつものように集荷場に着いて 、少しばかりの(本当に恥ずかしいくらいわずかな量です。)ズッキーニのケースを、車からカゴテーナに…